Funk Inc. ファンクインクここにメニューバーが表示されますのでお待ち下さい

«デジカメ・・メインふふ・・»

早くも挫折かっ

[2005年04月24日]

3日目にして、昨日はブログるのを休んでしまったワタシ。

標題のように「早くも挫折?」

そうなのかっ?

そ〜〜ではないっっ
断じて、そ〜ではないのだ。
これを読んでる貴方にとっては、どっちでもいいことだとは思いますが・・

などと、行数を稼いでいても仕方がないので本題に入ろう。

ウチのそばに、焼鳥屋さんがある。
とーとつだが。

焼鳥屋さんといっても、一杯飲める店ではなくてですね、焼き鳥を売ってるお店。専門店なの。
・・で、ここが、安くておいしいのよね。
で、混んでるわけ。

行列の出来る焼き鳥店っつーわけですよね。
↓ これは、ぜんぜ〜〜ん、空いてる状態。これからですっ
20050424-1.jpg

店頭の台の上にメモ用紙が置いてあって、「ネギマ3本、レバー2本、えーと、それから、カシラもいっちゃおうかな♪2本ね」とか、書くわけ。

で、お店の人に渡すの。

そーすると「お客さん、お名前、書いてね〜〜」とか言われちゃってね、「あ、そーだそーだ、ごめんね、わすれてた。ん〜〜、てり、とね、はいっ」と渡し直すと、「お客さん、タレか塩かも、書いてねっ」と、なかなか、注文するのも難しい。なんてったって、ほら、専門店だからね。

よく見ると、台の上に、注文の書き方見本が、ちゃぁんと、あったりするわけなのよ。
注文マニュアル付き!さすがなのだっ!

んで・・

「タレにしてください(はぁと)」

などと書いて、渡して待つのだ。

わたし、まぁ〜つぅわぁ、いっつまでもまっ・つっ・わぁ〜〜♪

歌ってみたりする。歌わなくてもいいが。

で、しばらくすると、紙に書いた名前を呼ばれるわけだ。
「え〜〜、てりかめさん!てりかめさぁん!」

「あ、それはですね、てり(仮名)と読むんですよ」などと説明する私。
(ここは脚色。やっぱ、読んで頂くには、多少の起伏がないとね。やっぱ、起承転結=朝、起床したときに転んで、ケツを打った、という意味ですね)

「んなことは、どうでもいいけど、530円ねっっ」
「お〜〜やすいねぇ〜〜♪」などと、なごやかな雰囲気の中で、焼き鳥の商取引は終了するわけだ。

で、先日、鶴亀ランドで一本99円にてゲットしたトメェトジュースで、レッドアイをつくり、焼き鳥をつまみに父ちゃんの豪華な宴は始まるぅ〜〜〜やっほ〜〜〜

ウチのそばの川の画像もおまけ。
20050424-2.jpg
祖師ヶ谷大蔵と成城の間に流れる川に桜の枝が伸びてる。
もう、すっかり葉桜だけど、満開の時は、それはそれは・・

それぇ〜〜〜は〜〜〜きれいですよっ!

何か、食べよ。

by Terry : 2005年04月24日 15:55

コメント・コーナー


このページのTOPへ戻る



top concept on air contact bbs links FUNK Inc. ニュースキン&ファーマネックス激安