Funk Inc. ファンクインクここにメニューバーが表示されますのでお待ち下さい

« 2009年10月メイン2009年12月 »

11/24 録音放送UPしました〜♪

[2009年11月25日]


R0010668.jpg

FUN-RAJI(ファンラジ)では、LIVE放送中はチャットルームも公開し、リスナーさん同志の交流の場となっております。今回も、このLIVE放送を録音しアップしました。(※11月24日放送分)

topnav-listen-on.gif



by Terry | ページのTOPへ | コメント (0)

ファンカタック#14、DJキヨミ30th〜RED FUNK#1

[2009年11月24日]

11月20日(第3金曜日)に開催しましたファンカタック Vol.14にご来場いただきました皆様!
今回もファンキーで楽しい時間を本当にありがとうございました!!
Vol.14となりましたファンカタックですが、選曲のファンク度UPはかなりのものがあったと自負しております。
12月は日曜版が12月6日、金曜版は12月18日となります!
来月もよろしくお願いいたします!
と言うことで、今回の画像アルバムですっっ!!

funka14.jpg
[ 画像アルバムはコチラ! ]



 そしてっっっ!


続いて、11月22日に開催された"RED FUNK NIGHT in Luther" Vol.1でした!
この晩は、DJ.キヨミちゃんの30周年パーティーがSSB@六本木で開かれ、そちらに、DJ.Akiちゃんとお祝いに伺い、そのあとにルーサーでDJをご一緒させていただくBrother M氏と合流して横浜へ直行〜〜!
SSBには30分ほどしかいれませんでしたが、主役のキヨミちゃんの元気な笑顔が見れて良かったです!

"RED FUNK NIGHT in Luther" は踊り好きなお客様でいっぱいで、僕は ADC BAND、GENERAL CAINE、SHOCKなどボク的定番重量系をプレイしましたが、終始、フロアのFUNK度はキープされ、さすが横浜オソルベシッ!でした!
主催のDJ.ホッシ&ma-saによれば非常に好評だったので今後も続けたいとのこと、また次回もよろしくお願いいたします!

と言うわけで、RED FUNKの画像アルバムですっっ!!

redfunk1.jpg
[ 画像アルバムはコチラ! ]



by Terry | ページのTOPへ | コメント (4)

金曜はファンカタック!ファンラジ録音UP♪

[2009年11月18日]



いよいよ今週の金曜です!

 
[FUNKATTACK フライヤー:クリックで拡大] Designed by Aki


===============================
  FUNKATTACK @AOYAMA MOMENTS
===============================

Slave、Sun、Bar-Kays、One way、Cameo、Dazz Band、Zapp、Kleeer、Mtume、Lakeside、Ozone、Shock、Silver Platinum、T.T.F、P-Funk...などなど、カチョイイFUNKから必殺のヘビー級FUNKまで70's〜80's SOUL&FUNK中心のDANCE EVENTです。

当日はバースディコールも行わせていただきますので、11月にお誕生日をお迎えになるお客様、またはそのご友人の方は、事前または当日、DJ、スタッフなどにお早めにお申し付け下さいませ。
皆様のご来場をお待ちしております〜〜!!

★DATE:11月20日(毎月第三金曜日)20:00〜4:00

★DJ's:AKI 、Terry、DORA

 ---------------------------
  【 Time Table 】
 ---------------------------
20:00〜20:40  AKI
20:40〜21:20  Terry
21:20〜22:00  DORA
22:00〜22:40  AKI
22:40〜23:20  Terry
23:20〜00:00  DORA
00:00〜00:40  AKI
00:40〜01:20  Terry
01:20〜02:00  DORA
02:00〜02:40  AKI
02:40〜03:20  DORA
03:20〜04:00  Terry

★FEE:男性 ¥2,500 / 女性 ¥2,000  (with 2 Drink Tickets)
            ↓↓
   ☆Ladies Hour☆女性のお客様は22時まで入場無料♪(ドリンク別)

★PLACE:青山モーメンツ  (Tel:03-3470-1802)
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-3 カトレアビルB1
銀座線外苑前駅「1A出口」より徒歩約4分 MAP
http://www.moments-aoyama.com/



そしてっ!

FUN-RAJI(ファンラジ)では、LIVE放送中はチャットルームも公開し、リスナーさん同志の交流の場となっております。今回も、このLIVE放送を録音しアップしました。(※11月17日放送分)

topnav-listen-on.gif



by Terry | ページのTOPへ | コメント (0)

(おじさま)DJのダジャレ。

[2009年11月13日]

某Iさん、反応したでしょ?みたでしょ、これ?(爆

そう・・
あれは10月31日のマコちゃん主催イベント"MAKO'S STEP"にて、DJ.イ●バと一緒させてもらったときのこと。

ワタクシが、メシオパーカーをかけると、DJ.●ナバは(←あれれ、伏せ字のところ間違ったかもしれないけど、ま、いーや。)「メシオパーカーは、メシをパカパカ食っている」とささやくのです。

そして、なおも追い打ちをかけるように・・

ワタシが、テンプテーションズをかけると「テンプスが3人になったら、てんぷす(く)トリオ」とささやくのです・・。

それで、ワタシはすっかり調子が狂ってしまい、絶妙なDJミックスができなくなりました。(もともと、できないけど。)





で。

来る22日に開催の"レッド ファンク ナイト in ルーサー"の打合せのために、昨夜、横浜ルーサーにてDJ.ブラザーMに会った際に、この一件を話したのです。

すると、M氏は「つまらないっすねぇ〜〜〜」とあきれたあと、「3人でもオーゼェイズってのはどうすかね?」と得意げに言うのです。

おじさまDJのダジャレは、どっちもどっちなんだなーと学んだ夜でした。


by Terry | ページのTOPへ | コメント (6)

録音放送 UP〜古い写真〜This is it.

[2009年11月12日]

●ファンラジ録音をアップ

FUN-RAJI(ファンラジ)では、LIVE放送中はチャットルームも公開し、リスナーさん同志の交流の場となっております。今回も、このLIVE放送を録音しアップしました。(※11月10日放送分)

topnav-listen-on.gif



●古い写真

先日、cafe blueさん主催のイベント"Funk Me Now"で、ダンステリアで回させてもらった時のこと。

1974年当時に新宿西口にあったディスコ「V-One」で同僚だった浜田君が遊びに来てくれた。
彼が「テリー、懐かしい写真が入り口のところにあるよ、知ってた?」と言うのでエントランスの壁を見ると額が飾ってあって、中には古いスナップ写真が多数並べてあった。

白黒写真も多くて最近のデジカメ画像を見慣れた眼にはモロに年代を感じさせるが、よく見ると懐かしい顔ぶれが写っているではないかっ!!

1974年頃からの六本木エンバシーの従業員を中心としたスナップ写真のようだ。
これ作ったのは、故・勝本さんなのかなぁ。

最初に分かったのは江連君!
江連君とのことは以前にもマイブログに書いたことがあるが、1974年当時にエンバシーのメンバーだった彼とは、そのあと新宿で僕も同僚になった。

DSCF4699.jpg

江連君の回りに写っている人達にも、新宿V-Oneで同僚だった松浦君やタコ君、アキラ君、ツトム君など懐かしい顔が並んでいる。

DSCF4697.jpg

新宿V-Oneと、六本木エンバシーや赤坂ハーレムとは、1970年代なかばに従業員が移り合った経緯があった。
これらの店の共通点は、横田や横須賀など基地の違いはあったにしても当時の黒人兵達が多数遊びに来ていたことだった。

当然、そこにはマスコミや作られた流行とは別にした直輸入のブラック文化とそれに伴う独特の雰囲気が存在していて、ある意味、それが当時の、つまりは「黎明期のディスコ」だった。
「ディスコ=ブラックミュージック」の時代であったのは異論の余地がない。

anotherworld76.jpg
76年当時の僕(左)とウィリー

あくまで個人的なことだけど、そのような時代に青春を過ごしたので、ディスコでブラックミュージック以外のサウンドが流れるようになってからのものは「全くの別物」と思っている。
もちろん、別なものというだけで、サウンドその他、それぞれの人のリアルタイム、それぞれの人のディスコがあるのだから、なにをもって本物だとかトラディショナルだとか、そんなことはあるわけがない。
ただ、別のものなだけ。
「ディスコ」とひとくちにいっても、その歴史は余りに長い。


●This is it.

50歳という年令。
いろいろなことが影を落とす中もストイックに自分を鍛えていただろう日々を思った。
過ぎた日々の栄光をもってしてという人ではなかったことに改めて畏敬の念を感じた。

by Terry | ページのTOPへ | コメント (8)



top concept on air contact bbs links FUNK Inc. ニュースキン&ファーマネックス激安